太陽光発電について、簡単に仕組みと構造の概要をおさらいしておきましょう。
個人の投資目的であれば、産業用の低圧連系と呼ばれる太陽光発電への投資がお勧めです。

●太陽光発電の仕組み・構造

太陽光発電の基本構成要素は、パネルモジュールとパワコンです。

太陽光発電構成図

パネルモジュール(太陽光パネルとかソーラーパネルとも呼ばれています。)

太陽光を受けて光電効果により発電する材料と、それらを配線してパネル状にモジュール化したものが、パネルモジュールです。

このときのパネルの発電効率とパネルの面積により、発電できる量(発電出力)が決まります。

発電材料には、主に多結晶シリコン、単結晶シリコンが主ですが、その他CISと呼ばれる化合物結晶や、アモルファスシリコンも使用される場合があります。

人工衛星など、コストよりも発電効率を重視する場合、GaAsなどの化合物半導体が使用されます。

パワーコンデショナー(パワコンと呼ばれています)

パネルモジュールで発電した電気は、直流と呼ばれる状態ですが、これを送電に使用するため、交流に変換する機器が必要です。これがパワコンです。

このパワコンの容量によっても、太陽光発電全体の発発電出力が制限されます。

パワコンの容量>パネルの発電量(出力)

であれば、太陽光発電全体の発電出力はパネルモジュールの発電量で決まりますが、

パワコンの容量<パネルの発電量(出力)

である場合、パネルで発電された電気はすべて交流に変換されずに、パワコンの容量に制限されます。したがって、太陽光発電全体の出力は、パワコンの容量で決まります。

以上が、太陽光発電の基本的な構成要素です。

これに家庭用であれば、自宅で使用する電気を分電するために配電盤やオプションとして夜間も使用できるようにするための蓄電池を設置することとなります。

●用途別 産業用、家庭用について

ここで、出力別に大きく、産業用と家庭用とに用途が分かれます。
この区別により、国によるFIT制度(固定買取制度)による単価と買取保証期間が定められています。

発電出力10kW未満・・・・家庭用 FIT買取保証期間10年 2018年度設置 買取単価26円
発電出力10kW以上・・・・産業用 FIT買取保証期間20年 2018年度設置 買取単価18円

買取単価は、設置許可を受けた年度により見直されますが、決まった買取単価は買取保証期間の間は変わりません。

例えば、産業用FIT制度がスタートした2012年度は買取単価40円でした、2017年度は21円、そして2018年度には18円とついに20円を切りました。

また、家庭用買取単価には、オプションとして、出力制御対応機器設置義務の場合やダブル発電といって家庭用燃料電池を併設した場合は、買取単価が若干異なりますが、ここでは割愛いたします。

●産業用はさらに低圧連系と高圧連系との区別される

産業用(出力10Kw以上)はさらに50kW未満と以上とで区別されます。

すなわち
出力10kW以上~50kW未満  低圧連系 産業用
出力50kW以上         高圧連系 産業用

産業用は、規模を追求して設置コストを下げ、売電による利益を増加させることができますが、50kW以上になると、電力会社への繋ぎこみとして高圧連系を使用することが義務づけられています。

高圧連系の場合
・別途キュービクル(変圧器)を設置する必要がある(容量にもよるが数百万円以上の追加投資が必要)
・発電事業所として電気主任技術者の選任が必要
・電力会社との接続協議が必要(協議代に20万円程度かかる)
・設備認定の手続きに手間がかかる

など、いろいろと制約や追加費用がかかるため、規模の追求による利益の増加と運用面で、個人投資家には難しいでしょう。

したがって、個人の投資用太陽光発電としては、出力10kW以上~50kW未満の太陽光発電への投資が適していると考えます。

ちなみに、2018年8月現在、50kW弱の土地付き太陽光発電の相場は、1500万円~2000万円となっており、
表面利回りは10%前後といったところです。
このうち、土地代および造成費用が、200万円~500万円を占めています。

もし遊んでいる土地をお持ちの場合や、土地をうまく安く手に入れることができれば、さらに投資メリットが出るでしょう。

●まとめ

個人投資としての太陽光発電は、出力10kW以上~50kW未満のものが適しています。

もちろん、家庭用には個人の使用用途と売電を併用できるので、別の魅力があるでしょう。

個人投資としての産業用太陽光発電と自宅用途としての家庭用太陽光発電が、日本の再生可能エネルギーの普及率アップに我々一般市民が貢献できる方法だと考えます。

土地付き太陽光発電への投資をお考えなら
土地付き太陽光発電に投資してみませんか?
タイナビ発電所

土地付き太陽光発電に投資してみませんか?
でも投資である以上、情報不足は致命的です。

日本初の土地付き太陽光発電物件の検索サイトであるタイナビ発電なら、
きっと満足な情報が得られるでしょう。

掲載企業数は345社にも上るのです。

おすすめの記事